ドライ・ペタ(Dry Petha)のレシピ

ドライ・ペタ(Dry Petha)

さん提供
アグラ発祥のデザートです
インド料理
ドライ・ペタ(Dry Petha)の写真
材料(4人分)
所要時間: ( 調理:)
1Kg

ポイント:大きくなった固めのもの
小さじ2杯

750g

ポイント:ウソ!っていうくらい入ります
3カップ

3-4個

ポイント:鞘を壊してバラバラにします


1
冬瓜を剥いて種と柔らかい繊維部分を取り除きます。大きめの四角形になるように切ります。フォークでよく刺し、砂糖汁が良く染みるようにします
2
切った冬瓜が浸かるくらいの水にレモンパウダーを入れ、2時間漬け込みます
漬けた冬瓜を水からあげ、中の水がなくなるまでよく絞ります。
冬瓜を沸かしたお湯の中に入れ、透明になるまで煮ます。
3
その間に砂糖750gと3カップの水を鍋に入れて、弱火にかけて溶かします。レモンジュースとカルダモンを入れアメ状になるまで煮込みます。カルダモンなどのパウダーが入っている部分を取り除き、綺麗なアメにします。シロップは温かいまま保温しておいてください。
4
冬瓜が煮えたら、冬瓜だけをシロップの中に入れます。この時に当店の茹で汁は入れないでください。冬瓜にシロップがよく混じるように混ぜ、最後の香りづけにローズウオーターを入れます。冷たくして頂きます。

アクセス数 今日: 昨日:1 トータル:1281

ドライ・ペタ(Dry Petha)のレシピの説明

このドライ・ペタ(Dry Petha)、元々はタージマハルのあるアグラ発祥のお菓子で、ねっとりしてキャンディーみたいな食感が人気のインドのお菓子なのだそう。小麦粉などから作っているのかな…と想像していたのですが、素材はなんと冬瓜。大きくなった冬瓜の中身を切って、砂糖シロップ漬けにしたものです。砂糖シロップの中にカルダモンやライムなどが微妙に入り、独特な味わいになっています。

このお菓子、インド人には結構な人気があり、ドライ・ペタだけでなく、ケサール・ペタ(Kesar Petha)やアンゴーリ・ペタ(Angoori Petha)、そしてココナッツ風味と言った派生系もあります。

インドの街中で見かけたら、ぜひ一回は食べてみてください。ああ、インドだよなぁ…と感じられること請け合いです。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

カートに商品が入りました