ポワソン・クリュのレシピ

ポワソン・クリュ

さん提供
タヒチの郷土料理。ココナツミルクとライムがさっぱり爽やかな、新感覚のお刺身サラダです。
無国籍料理
ポワソン・クリュの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
200g

ポイント:脂身の少ない赤身がよい。びんちょうまぐろなどでもOK
大さじ3

ポイント:レモンでもOK
1/8個

ポイント:薄切
中1/2個

ポイント:ざく切り
1/2本

ポイント: 縦半分に切ってから斜めに薄切り
細めの部分3cmほど

ポイント:せん切り
少々



1
ポワソン・クリュの手順画像0枚目
まぐろを一口大にカットする。お刺身用にスライスされたものや、まぐろ山かけ用のぶつ切りをそのまま使ってもOK。ボウルに入れ、ライムの搾り汁を全体にからめておく。
2
ポワソン・クリュの手順画像1枚目
野菜をカットする。玉ねぎは薄切り、トマトは一口大のざく切り、きゅうりは縦半分に切ってから斜め薄切り、人参はせん切りにする。
3
ポワソン・クリュの手順画像2枚目
1のボウルに2の野菜、ココナツミルクを加え、塩をひとふりして全体がからまるようによく混ぜる。塩加減は味を見ながら調整する。

アクセス数 今日: 昨日: トータル:180

ポワソン・クリュのレシピの説明

タヒチ旅行中に出合っておいしくてハマった、タヒチの郷土料理のお刺身サラダです。
フランス領のタヒチで「ポワソン」はフランス語で魚、「クリュ」は生の意味です。生で使える新鮮な魚を使うのが特徴で、タヒチでは冷凍ものではない獲れたてのまぐろの切り身がふんだんに使われます。

ホテルのレストランだけでなく、街のルロット(屋台式のレストラン)、パペーテ空港のカフェなどいたるところでメニューにあり、いろんなポワソン・クリュを食べ比べできました。

また、滞在先のリゾートホテルではこの料理の実演試食会のアクティビティに参加し、シェフから作り方をしっかりと教えてもらいました。
「ライムが使われることが多いけれど、レモンでもおいしいからどちらを使ってもOK」とのことで、このときはレモンが使われました。このため、もしライムが手に入らなくてもレモンを使えばOKです。
ポワソン・クリュのレシピのコツ
ライムやレモンは、濃縮果汁ではなくぜひフレッシュなものを使ってください。

マグロにライム汁をからめて野菜の準備をしている間に、マグロの表面が酸で白く変色します。このことでマグロにライム風味が染みておいしくもなるので、この状態になってから残りの材料を加えてください。

全体をよく混ぜて、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておくとよいです。この間に野菜から水分が出ますが、全体にからめなおして器に盛ってください。

魚の種類はまぐろ以外でもよいとされていますが、個人的にはまぐろで作るのが最もおいしいと思います。脂身が少ない部位が向くので、日本では安いびんちょうまぐろを使ってもおいしくできます。

このレシピでは、タヒチのオリジナルよりも野菜の分量をかなり多めにしてあります。このへんはお好み次第で変えてください。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

カートに商品が入りました