大根のテルダーラのレシピ

大根のテルダーラ

さん提供
スリランカのごはんのお供のひとつ。鰹節を味付けに使うやさしい味で、日本人の口にも合います。
スリランカ料理
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
200g

ポイント:太めの短冊切り
小さじ1/8

小1/2個

ポイント:薄切り
1/4個

ポイント:粗みじん切り
ひとつまみ

小さじ2

ポイント:砕いておく。 荒削り鰹節をくだいたものでもOK
1/2本

ポイント:一味唐辛子小さじ1/2でもOK
大さじ3



1
大根を太めの短冊切りにし、小さじ1/8程度の塩を全体にまぶして30分ぐらいおく。水分が出たらざるにあけて軽く水気を切っておく。
2
野菜をカットする。玉ねぎは薄切り、トマトは粗みじん切りにする。赤唐辛子も刻んでおく。
3
鍋にサラダ油入れて弱火にかけ、マスタードシードを入れる。ぱちぱち弾けてきたら、玉ねぎ、カレーリーフ、唐辛子を加えて炒める。
4
玉ねぎがやや透き通ってきたら大根とモルディブフィッシュを加え、中火にして3分ほど炒める。
5
トマトを加えて全体を混ぜ、蓋をして弱火にし、さらに10分ほど煮て完成。

アクセス数 今日:1 昨日:1 トータル:124

大根のテルダーラのレシピの説明

モルディブへ旅行したことをきっかけに、スリランカ料理に出会いました。

宿泊先のリゾートで出される料理の魚や野菜、スパイスの巧みな使われ方に興味を持ったことでリゾート主催のクッキングクラスに参加し、シェフからスパイスの調理方法のコツを聞き、レシピブックをもらって帰国。帰国後に、習った料理を作ってみるために材料を揃えようとしたところ、ほぼすべてがスリランカ料理と共通していることに気づきました。

リゾートで味わった、スパイシーだけどどこか懐かしいような、なじみやすい味の料理の数々は、調味に多用される「モルディブフィッシュ」が、実は「かつお」だったからだということも知りました。

スリランカには野菜の料理がたくさんあります。「テルダーラ」「マッルン」「モージュ」「キラタ」など、カレーと共に複数の種類が同時に食卓に並ぶのが普通です。白いごはんを盛ったお皿に「ポル サンボル」と呼ばれるココナツのふりかけをはじめ、これらのお惣菜をいろいろと取り、それぞれで食べたり混ぜて食べたりします。

この料理は、リゾートのビュッフェに並んでいた一品を再現したもので、遠く離れた外国で「大根」がこんな味付けでおいしく食べられていると知り、印象に残ったものです。

お土産のレシピブックを元に、スリランカ料理の基本の味付けに使われる食材を調べ、モルディブフィッシュを日本の「荒削りの鰹節」で代用しておいしく仕上げることができました。
大根のテルダーラのレシピのコツ
油が多めに感じられるかもしれませんが、それもこの料理の特徴です。ごはんと合わせて食べるときに油が、野菜と鰹の風味のおいしいソースの役目を果たします。

使う唐辛子のもともとの辛さによっても仕上がりは変わりますが、このレシピは辛さはあまり感じません。よりスリランカらしさを感じたい場合には、青唐辛子など辛みの強い唐辛子も加えてみてください。

作りたてもおいしいですが、冷めたものもおいしいです。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

大根のテルダーラに必要な食材

今回はこれを使いました



トマト


マスタードシード


カレーリーフ


赤唐辛子


サラダ油


カートに商品が入りました