オーセンティック・サルサ・ベルデのレシピ

オーセンティック・サルサ・ベルデ

さん提供
メキシコの緑のサルサソース。緑のトマトで代用しますが、作り方はメキシコの本式です。
メキシコ料理
オーセンティック・サルサ・ベルデの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
材料A

中1/3個

150cc

仕上げ用

小さじ2

小さじ1/3



1
オーセンティック・サルサ・ベルデの手順画像0枚目
材料Aを小鍋に入れて蓋をし、火にかける。沸騰したら中弱火にして約10分煮る。
2
オーセンティック・サルサ・ベルデの手順画像1枚目
ゆで上がったところ。トマトの皮はざっと取り除くとよい。
3
オーセンティック・サルサ・ベルデの手順画像2枚目
粗熱が取れた2をゆで汁ごと、コリアンダーとともにフードプロセッサーに5〜10秒ほどにかけてなめらかにする。
4
オーセンティック・サルサ・ベルデの手順画像3枚目
1の鍋にサラダ油を入れて中火にかけ、2を戻して塩を加え、ごく弱火にして蓋をする。最初の3分ぐらいはかなりはねるのでやけどに注意。約10分煮て火を止める。冷めたら味を見て、タバスコで味を整えて完成。

アクセス数 今日: 昨日:1 トータル:144

オーセンティック・サルサ・ベルデのレシピの説明

実家の家庭菜園から、実はついたけれど寒くなってしまってもう育たない小さなトマトをもらいました。緑のトマトが手に入ったらぜひ作りたいのが、この「サルサ・ベルデ」です。
メキシコ料理のサルサ・ソースには、さまざまな種類がありますが、「サルサ・ベルデ」は、食用ほうずきである緑色の「トマティージョ Tomatillo」使って作ります。「ベルデ」は緑の意味です。今回使った緑のトマトはこのトマティージョの代用です。
メキシコの一般家庭では常備されているほどポピュラーで、現地ではエンチラーダやタコスなどさまざまなメキシコ料理に添えられます。

トルティーヤ・チップスのディップとして、また以前ご紹介した「メキシカン・ブリトー」のソースとして巻いてもおいしいです。現地では朝食の卵料理にも添えます。ゆで卵と和えたりスクランブルエッグと混ぜてもおいしいです。

現地の正しい作り方「Authentic(本物の、正式な)recipe」は、「ゆでる→砕く→煮詰める」という目からウロコの作り方でした。今回はその作り方でご紹介しています。
現地では、大量のトマティージョを収穫後、大量に作って瓶詰めや缶詰にして保存食としても利用されています。
オーセンティック・サルサ・ベルデのレシピのコツ
唐辛子の種は取らずにそのまま使います。使用する青唐辛子自身の辛味で全体の辛さが決まりますが、タバスコで調整してください。タバスコの香りもサルサらしい風味づけに一役買っています。
もし生の青唐辛子が手に入らない場合は、しし唐3〜5本で代用してみてください。

火を通すので、保存がききます。そのままだと冷蔵庫で3〜4日ほど持ちます。手間がかからないこの作り方なら、常備食や保存食との話も納得でした。

食べる直前に、レモン汁やライム汁を絞って混ぜると、またひと味違って爽やかになります。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

カートに商品が入りました