たまねぎのサンボーラのレシピ

たまねぎのサンボーラ

さん提供
スリランカ・カリーの味を引き締め、引き立てる激辛サイドディッシュです。
スリランカ料理
たまねぎのサンボーラの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
中1/2個

1/2個

小1本

ポイント:ししとうでもOK
小さじ2

ポイント:モルディブフィッシュの代用
小さじ1/4

ひとつまみ

1/8個分

ポイント:レモンでもOK


1
たまねぎのサンボーラの手順画像0枚目
たまねぎを、繊維に垂直になるように薄切りにする。トマトは粗みじん切り、青唐辛子はみじん切りにする。
2
たまねぎのサンボーラの手順画像1枚目
ボウルに、ライム以外のすべての材料を入れる。
3
たまねぎのサンボーラの手順画像2枚目
手で軽く揉みこむようにしながら、全体がしんなりするまでよくまぜる。最後にライム汁をふって完成。
4
たまねぎのサンボーラの手順画像3枚目
カリーにはほんの少しだけ添え、各自の取り皿の上で味を調整しながら食べます。これはスリランカのリゾートでこの料理が出てきた時の写真で、右上がたまねぎのサンボーラです。

アクセス数 今日: 昨日: トータル:354

たまねぎのサンボーラのレシピの説明

たまねぎは、スリランカ料理には欠かせない食材です。これまでご紹介したスリランカ料理にもほぼ必ず使われています。じっくり炒めて甘みを引き出してからほかの材料を加えたり、そのまま茹でるようにほかの材料と合わせたり、生の食感と風味を生かしたりと、調理方法によって味も変わり料理のまとめ役となっています。

この料理は、スリランカのアーユルヴェーダ・リゾートで、カリーの薬味のような意味合いで出てきたものです。そのまま単体で食べるものではないと、そのときは感じました。激辛です。しかし、このときの主食(左手前のアッパーは「そば」かと思いましたが「ひえ」らしいです。)やじゃがいものカリー、ココナッツと合わせて食べると絶妙のアクセントになるのでした。
たまねぎのサンボーラのレシピのコツ
苦みや辛みが少なく生食に向く、と言われる紫たまねぎですが、最近よく見かけるようになった北海道産のものは、普通のたまねぎとあまり変わらなかったりします。スライスしたたまねぎを少々味見して、きつすぎるようなら水にさらす工程を加えてもよいと思います。ただし水っぽくならないように注意してください。
リゾートで食べたこの料理は、玉ねぎが粗みじん切りになっていましたが、日本の玉ねぎで同じように作ると、粒を噛んだときの辛みと苦みが強いため薄切りにアレンジしてあります。
日本では、新玉ねぎを使って作るのが最も向くのかもしれません。

スリランカ料理のスパイシーさに慣れてきたら、材料のパプリカパウダーを、チリパウダーに置き換えて「チリパウダー 小さじ1/2」だけで作ってみるのもよいです。この激辛サイドディッシュを楽しんでみてください。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

たまねぎのサンボーラに必要な食材

今回はこれを使いました

トマト


青唐辛子


チリパウダー


パプリカパウダー




カートに商品が入りました