ユベチのレシピ

ユベチ

さん提供
オーブンを使ったギリシャのパスタ料理
ギリシャ料理
ユベチの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)


1
ユベチの手順画像0枚目
鶏のレッグに強めの塩こしょうをし、室温まで戻します。
玉ねぎ・にんにくをみじん切り、オレガノ・バターを計量、トマト缶はつぶして規定量測っておきます。
2
ユベチの手順画像1枚目
オーブンを190度に予熱します。
その間、オリーブオイルをフライパンに馴染ませ、中火で温めて肉の皮目から焼き色を両面つけていきます。
(中まで火を通さなくてもOK)
肉汁と油が出たフライパンは洗わないでおきます。
3
ユベチの手順画像2枚目
微塵にした玉ねぎとにんにくを深めの耐熱皿に入れ、焼き色をつけた鶏肉を乗せます。
その上にトマト缶をかけてオレガノ、水をカップ1/4ほど足して蓋をし、予熱したオーブンで10分調理します。
4
ユベチの手順画像3枚目
次にオーブンの温度を160度に下げて、そのまま30〜40分じっくり火を入れます。
5
ユベチの手順画像4枚目
肉を焼いたフライパンにバターを引き、中〜弱火でリゾーニが透き通るくらい炒めます(約1〜2分ほど)
6
ユベチの手順画像5枚目
4の肉に竹串を刺し、透明な肉汁が出るようなら焼けているので、肉を取り除き5のリゾーニを混ぜ入れて、残りの水を足し肉を戻す。
蓋をして180度にしたオーブンでさらに30分焼く。
7
ユベチの手順画像6枚目
焼きあがったら、一旦肉を取り出してざっと混ぜ、味を見て塩を足す。
パスタを器に盛って肉を取り分けて乗せる。
8
ユベチの手順画像7枚目
粉チーズやおろしたチーズをかけてパセリを乗せる。

アクセス数 今日:2 昨日: トータル:301

ユベチのレシピの説明

“ユベチ”とは土鍋のことです。
土鍋で調理する料理の総称で、欧州各国で「ユベチ」・「ユベッチ」・「〇〇ユベチ」などそれぞれの国で個性のあるオーブンでの煮込み料理があります。

もちろん、土鍋をお使いいただいてもいいのですが、私が使っているパイレックスのガラスのキャセロールは水分の状態を目視できるのでとてもおすすめです。ストウブなどの無水系お鍋を使ってもおいしくできます。
どれもなければ、耐熱容器にアルミホイルの蓋でも問題ありません。

※リゾーニは、イタリアのパスタです。ギリシャですと“クリサラキ”という名前になります。
ただ、日本ではクリサラキが手に入りにくいので、ほとんど同じ形状のリゾーニを使いました。輸入食材店または通販で手に入ります。

今回は鶏肉ですが、羊・豚でも美味しくできます。
お肉は2人分目安でだいたい300〜400g、骨付きをお勧めします。
ユベチのレシピのコツ
美味しく仕上げるコツは水分です。
カラカラになってもまずいし、べっちゃべちゃでも美味しくないので、この写真くらいの“適度に潤っている”くらいのパスタ状態を目指すと吉です!お鍋の性質や火加減に左右されますので何度か試して好みの感じをつかんでくださいね。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

ユベチに必要な食材


にんにく


オリーブオイル


オレガノ


バター


玉ねぎ


カートに商品が入りました