アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)のレシピ

アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)

さん提供
酸っぱ辛い味付けでかつおの滋味がよく引き立つスリランカの煮物です。
スリランカ料理
アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)の写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
3〜4片

ポイント:タマリンドペースト大さじ1でも代用可
約200g

ポイント:刺身用にカットされているものでOK
材料A

小さじ1/2

ポイント:一味唐辛子でOK
小さじ1

 

小さじ1

大さじ1

150ml



1
アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)の手順画像0枚目
ゴラカは50mlの水に数時間つけて柔らかくしたあと、水ごとブレンダ―で細かく砕く。にんにくとしょうがはすりおろす。青唐辛子はみじん切りにする。
2
アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)の手順画像1枚目
材料Aをビニール袋に入れ、かつおの切り身とゴラカを加えて口を閉じ、袋を振ってスパイスを全体にからめる。
3
アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)の手順画像2枚目
鍋にサラダ油を入れて弱火にかけ、にんにく、しょうが、青唐辛子を炒める。
4
アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)の手順画像3枚目
香りが立ったら2を入れて中火にし、表面を軽く焼きつける。
5
アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)の手順画像4枚目
水を加え、沸騰したら弱火にして20分ほど煮る。
6
アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)の手順画像5枚目
水分がほとんど蒸発するまで煮たら完成。

アクセス数 今日: 昨日:1 トータル:331

アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)のレシピの説明

材料の「ゴラカ」は、日本ではサプリメントともなっている「ガルニシア」の果実を乾燥させて燻したもので、おだやかな酸味とスモーク風味を料理に与えるスリランカの独特の食材です。ご紹介したレシピでは、かつおの滋味の具合が効果的に引き立つ味付けに仕上がっています。
ゴラカについて調べると「タマリンドはマメ科の植物だからゴラカとは別物」とされていますが、このゴラカを現地スーパーで買い求めたときの現地人ガイドの説明では「タマリンドと同じ」ということでした。タマリンドペーストも酸味がありますので代用してもおいしく仕上がります。
白いごはんに、マッルンやポル・サンボルなども揃えて一緒に味わってみてください。
アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)のレシピのコツ
ゴラカの下処理にちょっとコツがいると思いました。水に浸けて柔らかくしたあとペースト状にしますが、手で揉みつぶすと爪にマニキュアのようにくっついて取れなくなります。また量が少ないためフードプロセッサーではうまく砕けません。ブレンダ―を使ってみたところやっとうまくペースト状にできました。ぜひ参考にしてみてください。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

アンブル・ティヤル(アーユルヴェーダ・かつおのゴラカ煮)に必要な食材

今回はこれを使いました

チリパウダー


フェネグリーク


ブラックペッパーパウダー




シナモンパウダー


しょうが


青唐辛子


サラダ油


カートに商品が入りました