アーユルヴェーダ・いんげんカリーのレシピ

アーユルヴェーダ・いんげんカリー

さん提供
さっと短時間で作れる、スリランカの野菜のカリーです。
スリランカ料理
アーユルヴェーダ・いんげんカリーの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
1/4個

1/4個

1/2かけ

材料A

小さじ1/2

小さじ1/2

小さじ1/2

ひとつまみ

ポイント:乾燥 手で揉んで砕いておく
 

大さじ1

100ml



1
アーユルヴェーダ・いんげんカリーの手順画像0枚目
いんげんを水にくぐらせて解凍し、食べやすい大きさに切る。玉ねぎは薄切りにする。トマト、にんにく、赤唐辛子は粗みじん切りにする。
2
アーユルヴェーダ・いんげんカリーの手順画像1枚目
ビニール袋に材料Aを入れて合わせ、1のいんげんを入れて空気を含ませて口を閉め、よく振ってスパイスを全体にからませる。
3
アーユルヴェーダ・いんげんカリーの手順画像2枚目
鍋に中火にかけてサラダ油を熱し、たまねぎ、にんにく、赤唐辛子を炒める。
4
アーユルヴェーダ・いんげんカリーの手順画像3枚目
玉ねぎがしんなりしたら、2を鍋にあけて軽く炒める。
5
アーユルヴェーダ・いんげんカリーの手順画像4枚目
2の袋に水を入れスパイスを洗い流すようにして鍋に加え、トマトも加えて中火で5分煮る。
6
アーユルヴェーダ・いんげんカリーの手順画像5枚目
ココナッツミルクを加え、さらに5分ほど煮て完成。

アクセス数 今日: 昨日:1 トータル:222

アーユルヴェーダ・いんげんカリーのレシピの説明

スリランカ料理に出会う前までは、「カレーとは、煮込めば煮込むほどおいしくなるもの」というのが私にとってのカレーの作り方の認識でした。日本にはこの作り方のカレーの方が多く普及していると思います。
世界各国それぞれで全く異なるさまざまなカレーが存在しますが、スリランカのカリーは、短時間でさっと作れるものの方が多いように思います。(長い時間煮込む肉のカリーもありますが)
このタイプのカレーに私が初めて出会ったのは、モルディブ旅行中に参加したリゾートのシェフによるお料理教室。香辛料の風味をガツンとダイレクトに感じられるたいへんおいしいカレーが、10分程度で完成してしまうことには大きな衝撃を受けました。

冷凍のいんげんを使うことで、季節問わずいつでも思いついたときに作れるお手軽カリーです。使用するスパイスの種類も少なめで、玉ねぎを飴色に炒める必要もないため、本当にささっと作れます。スリランカ料理で食卓を飾る際に、もう一品加えたいようなとき、ぜひ思い出して活用していただければと思います。
アーユルヴェーダ・いんげんカリーのレシピのコツ
一品作るのに、メイン素材は一種類しか使わないことがほとんどのスリランカ料理。このカリーにはトマトも入りますが完全にいんげんの引き立て役の存在です。
少ししか使わないため、なくてもいいかな?とトマトなしバージョンでも作ってみたりしましたが、やはり入ったほうがおいしいです。トマトの柔らかい酸味がこのカリーの味をまとめる役目をしていますので、ぜひ使ってみててください。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

アーユルヴェーダ・いんげんカリーに必要な食材

今回はこれを使いました

玉ねぎ


トマト


にんにく


赤唐辛子


ターメリック


ブラックペッパー


シナモンパウダー




カレーリーフ


サラダ油


ココナッツミルク


カートに商品が入りました