イカとパプリカのバジル炒めのレシピ

イカとパプリカのバジル炒め

さん提供
バジルとナンプラー、タイのお醤油の組み合わせが効いた炒め物です
タイ料理
イカとパプリカのバジル炒めの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
100g

ポイント:胴体部分のみ使います。
1/2かけ

ポイント:みじん切り
1本

ポイント:細い輪切り
ひとつかみ

調味料

大さじ1

ひとつまみ

小さじ1/3

100ml



1
イカとパプリカのバジル炒めの手順画像0枚目
いかのは皮を剥いて、全体に格子状に薄く切れ目を入れてから短冊状に切る。熱湯でさっとゆでてざるに上げておく。
2
イカとパプリカのバジル炒めの手順画像1枚目
パプリカとピーマンは種を外し、一口サイズに切る。にんにくはみじん切り、赤唐辛子は輪切りにする。バジルは葉を枝から外しておく
3
イカとパプリカのバジル炒めの手順画像2枚目
調味料と水溶き片栗粉を準備しておく。
4
イカとパプリカのバジル炒めの手順画像3枚目
フライパンにサラダ油大さじ1を入れて中火にかけ、にんにくと赤唐辛子を入れて炒める。香りがたってきたら火を強め、パプリカとピーマンを加えて炒める。
5
イカとパプリカのバジル炒めの手順画像4枚目
イカと調味料を加えて沸騰したところでこしょうで味を整え、バジルを加えて全体を混ぜたあと、水溶き片栗粉を回しいれてとろみをつける。

アクセス数 今日: 昨日: トータル:227

イカとパプリカのバジル炒めのレシピの説明

生のバジルの葉が手に入ったらぜひ作りたい、タイの炒め物です。バジルの香りとナンプラー、シーユーダムの組み合わせがいかにも「エスニック」な風味を醸し出しています。
白いご飯のおかずとしてもよく合いますし、お酒のおつまみにもぴったりです。また、どんぶりに持ったごはんに直接盛り付けて、あんかけどんぶりのようにしてもおいしいです。彩りが美しく冷めてもおいしいので、汁気を切ればお弁当のおかずとしても向くと思います。

今回はするめいかを使いましたが、いかをえびに変えて作ってもおいしいです。

「シーユーダム」は大豆が原料のタイのお醤油の一種です。甘みがあるどろっとした調味料で、甜麺醤でも代用できますが、シーユーダムも逆に甜麺醤の代用になります。応用範囲が広い調味料ですので、タイ料理にハマりだしたら1本用意しておくと便利だと思います。
イカとパプリカのバジル炒めのレシピのコツ
ナンプラーの塩味は製品によって多少異なるため、最初から分量どおり加えずに、味を見ながら加減したほうがいいかもしれません。

いかは、柔らかく仕上げるために初めの工程で下ゆでをしますが、沸騰した熱湯に入れて、飾りに入れた表面の切り込みが見えるようになった程度のほんの数秒でざるに上げます。また、炒める工程でも材料と合わせてから短時間で仕上げましょう。

赤いパプリカと緑のピーマンを使っていて彩りがよいですが、材料を揃える工程で切りながら、いか、パプリカ、ピーマンともすべて同量ぐらいのかさになるように用意すると、炒め合わせたときは写真のような配色のバランスになります。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

イカとパプリカのバジル炒めに必要な食材

今回はこれを使いました

パプリカ


にんにく


赤唐辛子


ナンプラー


砂糖


こしょう


カートに商品が入りました