カーコー さばのナンプラー煮のレシピ

カーコー さばのナンプラー煮

さん提供
砂糖を焦がしたカラメルとナンプラーのエスニック煮魚
ベトナム料理
カーコー さばのナンプラー煮の写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
1尾

ポイント:開いて4切れにしたもの
大さじ2

大さじ1

200cc

大さじ2

小さじ1/2

小さじ1/4

仕上げ用

1/8個



1
カーコー さばのナンプラー煮の手順画像0枚目
小鍋に砂糖とごく少量の水を入れて中弱火にかける。煙が出てきて全体がカラメル色になったら水を加えてカラメルを溶かす。
2
カーコー さばのナンプラー煮の手順画像1枚目
別の鍋にサラダ油を入れて中火にかけ、さばの表面の色が変わるまで焼く。
3
カーコー さばのナンプラー煮の手順画像2枚目
1とにんにく、ナンプラー、塩、化学調味料を加える。沸騰したら火を弱めて、煮汁が煮詰まるまで約20分煮る。
4
カーコー さばのナンプラー煮の手順画像3枚目
器に盛り付けて、レモンのくし型切りを添える。食べるときにレモンを全体に絞りかける。

アクセス数 今日: 昨日: トータル:211

カーコー さばのナンプラー煮のレシピの説明

炊きたてのご飯にもよく合う、さばの煮付けです。普段と一味違う魚の煮付けを作りたいときにぜひ参考にしていただければと思います。
最後にふりかけるレモンは、「ベトナム風味」にするために重要な役目を果たしますのでぜひご用意ください。味付けに使うナンプラーは魚のだしのようなものなので、レモンがないとただの日本の煮魚のような味(これはこれでおいしい)なのですが、レモンをかけるとナンプラーの風味が主張してきて「エスニック」な雰囲気に変わります。

カー(Ca)は魚、コー(kho)は煮る・照り焼きにするという意味で、土鍋で煮た郷土料理はとくにコー・カー・トと呼ばれます。
現地の作り方では、煮る工程にレモングラスを加えます。もし手に入るときには入れてみるとより現地の味に近くなります。
カーコー さばのナンプラー煮のレシピのコツ
煮汁に砂糖をそのまま加えるのではなく、先に焦がしてカラメルにしてから加える点が大きなポイントです。
カラメルは、色づき始めるまでは少々時間がかかりますが、焦げ始めてからカラメル色になるまではすぐなので、絶対に目を離さないようにしてください。よい色あいになったら水を加えてのばしますが、このときにカラメルがはねる可能性がありますので、やけどをしないよう十分にご注意ください。
カラメルさえできれば、あとはとても簡単です。

さばの表面を焼き付ける工程で魚の皮ははがれます。もし日本の煮魚のように皮がついた状態に仕上げたいときには、焼き付けるのは身の面だけにするとよいです。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

カーコー さばのナンプラー煮に必要な食材

今回はこれを使いました

サラダ油


砂糖


にんにく


ナンプラー




カートに商品が入りました