本場バレンシアのパエリアのレシピ

本場バレンシアのパエリア

さん提供
スペイン料理の代表「パエリア」。発祥の地の作り方をご紹介します。
スペイン料理
本場バレンシアのパエリアの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
100g

250〜300ml

4〜5本

1/4個

1/4個

3〜4本

ポイント:いんげんで代用可
ひとつまみ

ひとつまみ

小さじ1

適量



1
本場バレンシアのパエリアの手順画像0枚目
玉ねぎとにんにく、トマトは粗いみじん切り、ささげは一口大の斜め切りにする。
2
本場バレンシアのパエリアの手順画像1枚目
フライパンかパエリア鍋にオリーブオイルを入れ中弱火にかけ、玉ねぎとにんにくを炒める。玉ねぎが透き通ってきたら鶏肉を加えて表面に焼き色がつくまで焼く。
3
本場バレンシアのパエリアの手順画像2枚目
トマトと水、サフラン、ローズマリーを入れ、そのまま5分ほど沸騰させる。
4
本場バレンシアのパエリアの手順画像3枚目
米をそのまま3に加えて軽く混ぜる。
5
本場バレンシアのパエリアの手順画像4枚目
今回は、スペイン・バレンシアで買い求めた、地元産のパエリア専用米を使っています(左)日本のお米(右)。粒の大きさと色が全く違います。
日本のお米でもおいしく仕上がります。
6
本場バレンシアのパエリアの手順画像5枚目
ささげも加え、火を弱火にして12〜15分かけて炊く。時々米の固さを確認し、固すぎるようなら水を加える。水が足りなくて芯が残るよりは、若干汁気が残る仕上がりの方がよいように思います。
7
本場バレンシアのパエリアの手順画像6枚目
お米が好みの固さに炊き上がったら火を止め、アルミホイルをかぶせて5分ほど蒸らして完成。
食べる直前にレモン汁を全体に多めにふりかける。

アクセス数 今日:1 昨日:1 トータル:186

本場バレンシアのパエリアのレシピの説明

スペイン名物のパエリアの発祥は、バレンシア地方だそうです。スペイン旅行でバレンシアを訪れた際には、ぜひ食べなければ!と楽しみにしていました。街にに到着後すぐ「バレンシア中央市場」を訪れ、市場の向かいのレストランでこの発祥の地のパエリアを食べました。
今回ご紹介したレシピはこの時食べたものの再現レシピです。観光客向けに食べやすくアレンジしてあったのかもしれませんが、具は鶏手羽元といんげんとシンプルで、ローズマリーとサフランの香りが効いていました。お米の粒が丸くて大きめなのもこの地方産のお米の特徴でしょうか。

なおこのパエリアをもっと伝統的に作ると、鶏肉の他にうさぎ肉も同量入り、幅の広い大きいいんげん(今回は見た目が似ているささげで代用)を使うのが特徴で、さらにスネイル(かたつむり)なども入るそうです。
日本でパエリアと言えば、魚介が入るものが真っ先に思い浮かびますが、魚介のパエリアは、主にバルセロナなど海沿いの街でアレンジされた作り方です。その地方で手に入りやすい材料で作られるものであるようです。
本場バレンシアのパエリアのレシピのコツ
再現レシピということで、見た目が現地のいんげんとよく似ている日本のささげを使いたくて、夏に出回るのを待ってご紹介しました。でも味や食感的には普通のいんげんを使ってもOKだと思います。

この料理のいんげんは、しっかり火が通って柔らかくなったものの方がおいしいように感じます。写真では緑色が鮮やかですがこれよりもっと色が変わるほどと火を通した方がよいです。

食べる直前にふりかけるレモン汁は、添え物というよりは味の要と言えるほど、この料理の重要な存在です。多めの方がおいしいと思います。スマイルカットにして絞りやすくして添えてみてください。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

本場バレンシアのパエリアに必要な食材

今回はこれを使いました



玉ねぎ


にんにく


トマト


オリーブオイル




カートに商品が入りました