ムラコ アチャール (大根の漬物)のレシピ

ムラコ アチャール (大根の漬物)

さん提供
ネパールの 大根の 漬物
ネパール料理
ムラコ アチャール (大根の漬物)の写真
材料(9人分)
所要時間: (準備: 調理:)
500gm

40gm

ポイント:皮をむいておきます
40gm

ポイント:皮をむいておきます
40gm

ポイント:マスタード シードを フライパンに 入れて 火に かけて 炒っておきます。スパイスグラインダーで 粉にします。
40gm

ポイント:クミン シードを フライパンで火にかけて 炒っておきます。スパイスグラインダーで 粉にします。
30gm



1
ムラコ アチャール (大根の漬物)の手順画像0枚目
大根は細切りにして、しおを入れて 大根と合わせたら 大根から 水が 出ます。その大根をざるに 入れて 水を切る為1日 乾燥させます。乾燥した 大根にターメリック、 しお、マスタードパウダー 、クミン パウダー、入れます。
2
ムラコ アチャール (大根の漬物)の手順画像1枚目
にんにく、生姜、 唐辛子、スライスします。
3
ムラコ アチャール (大根の漬物)の手順画像2枚目
フライパンに 火をかけて サラダ油を入れてフェヌグリークシードが 黒く なってきたら、にんにく、生姜、唐辛子をいれます。
4
ムラコ アチャール (大根の漬物)の手順画像3枚目
少し 焦げ目が 見えたら ,梁膾に入れ、混ぜます。
5
ムラコ アチャール (大根の漬物)の手順画像4枚目
全体的に 味付けるように まぜます。
6
ムラコ アチャール (大根の漬物)の手順画像5枚目
出来上がりの アチャール は 乾燥した ビンの 入れ物に 入れて フタ してから 太陽が 当たる 場所 に おきます。 作ってすぐでも食べられますが5日 ぐらい 太陽に 当たると 酸味がでて きます。
7
ムラコ アチャール (大根の漬物)の手順画像6枚目
出来上がりの ムラコ アチャール は カレーや お酒の つまみにも おいしいです。

アクセス数 今日:8 昨日:13 トータル:2824

ムラコ アチャール (大根の漬物)のレシピの説明

ネパールから きた サラダ バタライ です。
今日はネパールの (ムラコ アチャール)大根のアチャール紹介します。

ムラコ アチャール の ムラは「大根」、コは 「の 」、アチャールは 「漬物」という意味です。
マイルドなお塩の味と、スパイスが 効いた、ネパールの辛い
漬物です。酸味が お 好きな方は ビネガーを お好みで 入れるのを
おすすめ します。ネパールでは、ご飯 を食べる時に、必ず 一緒に付けます。または、お酒のつまみにも合います。 ムラコアチャールは、ネパールで人気の食べ物の1つです。

ムラコ アチャール は、日もちする漬物なので、作ってから2ヶ月〜3ヶ月保存出来ます。 マスタード は 少し にがい ですが 、 でも ムラコ チャールには マスタード シト 入れると 長く ほぞん 出来ます、マスタードから 油 出ますので アチャール 長く ほぞん 出来ます。また、保存場所は冷蔵庫ではなく、常温で太陽が 当たる場所に置くのがポイントです。

ネパールで人気のこのムラコ アチャールを日本で作りやすいようにアレンジしました!ぜひ、お試しくださいませ。

------------
ティラキタより
当店のネパール人スタッフ・サラダちゃん直伝のレシピです。
ダルバートの名脇役・ムラコアチャール。試食してみましたが醗酵野菜の自然な旨味と酸味がスパイスと合わさって大変美味しかったです。

生野菜に日光を当てて発酵させる…というのを聞いてびっくりしましたが、ヨーロッパ圏でも陽光で発酵を促すピクルスがあるので理にかなっていそうです。醗酵と腐敗は表裏一体なので、瓶や調理器具は清潔なものを使用し、腐敗の起きないように調理を進めてくださいね。
ムラコ アチャール (大根の漬物)のレシピのコツ
大根は、だいたい1日乾燥してから作るのがポイントです。
※乾燥させないと大根の水気が出てしまい、美味しく出来ません。必ず乾燥させてくださいね。

ムラコアチャール は 太陽 に 当たる ほど おいしい なります。
ムラコ アチャール は 作った 時 から 食べられます。その 時の 味 は 塩 と スパイス の 味 します。


出来上がったムラコ アチャール は、ビンで保存すること。
※ビンで保存した方が、旨味を保てます。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

ムラコ アチャール (大根の漬物)に必要な食材


唐辛子


ターメリック


クミンパウダー




サラダ油


カートに商品が入りました