カトン・ラクサ

さん提供
ココナッツ風味の海鮮スープ。短くしたヌードルもポイントです
シンガポール料理
カトン・ラクサの写真

カトン・ラクサのレシピの説明

「ラクサ」は、マレーシアやシンガポールなど東南アジアで親しまれている麺料理で、ココナッツミルクと海鮮風味のスープが特徴です。
ラクサについて調べていたところ、レンゲで食べる(お箸はついてこない)ラクサがあり、麺は短く切られているとのこと。それは、シンガポール・カトン地区名物の「カトンラクサ」というそうです。今回はそのレシピを参考にご紹介します。
材料(2人分)
所要時間: (準備: )
スープ

小さじ2

小さじ1

3粒ほど

ポイント:カシューナッツで代用可
200ml

小さじ2

約100g

ポイント:ポーションタイプだと2玉分
付け合わせ

ひとつかみ

1/2枚

2枚

お好みで



1
カトン・ラクサの手順画像0枚目
ライスヌードルを水に浸し、柔らかくなったらざるにあげ、包丁で短く切る。
2
カトン・ラクサの手順画像1枚目
干しエビとナッツを細かく刻む。
3
カトン・ラクサの手順画像2枚目
付け合わせを用意する。
4
カトン・ラクサの手順画像3枚目
えびの殻を香ばしい匂いがしてくるまで炒める。水400mlほどを加えて15分ほど煮てスープを取り、濾しておく。
5
カトン・ラクサの手順画像4枚目
鍋にサラダ油を入れて弱火で熱し、レッドカレーペーストと2をよく炒める。
4のスープと水を加え、顆粒スープの素を加え、ココナッツミルクを加えて煮立てたのち、ナンプラーとパームシュガーを加えて味を整える。
6
カトン・ラクサの手順画像5枚目
もやし、油揚げ、さつま揚げを加えてひと煮立ちさせる。
7
カトン・ラクサの手順画像6枚目
1のライスヌードルを加えて火を止める。
麺は余熱だけで柔らかくなります。
8
カトン・ラクサの手順画像7枚目
器に盛り、付け合わせを彩りよく配する。
サンバルを添える。
アクセス数 今日:2 昨日:1 トータル:642
カトン・ラクサのレシピのコツ
Tofu Puff(油揚げ)がスープを吸っておいしいのでぜひ欠かさずに加えてください。
日本の油揚げは現地の油揚げより柔らかく、熱湯で油抜きするとしぼんでしまうため、今回は表面を水洗いだけしました。

えびのスープを取るときは、焼きえびの匂い(夏祭りの匂い?)がしてくるまで炒めてから水を加えることがポイントです。またこのスープを作りながら付け合わせのえびをゆでるとよいです。
海鮮風味の強調度はお好み次第です。今回は顆粒スープの素も(鶏がらスープと帆立スープ半々)使いました。

激辛でパンチが効いていて、とてもおいしかったです。が、現地のラクサはそもそもそれほど辛くなく、添えられたサンバルで辛みを調整しながら食べるそうです。私のレシピはカレーペーストが多めだと思います。

カトン・ラクサに必要な食材

今回はこれを使いました

スープ


サラダ油


ココナッツミルク


パームシュガー


ナンプラー


ライスヌードル


サンバル