ワイルドライスのコンソメピラフ風

さん提供
ビタミンEが玄米の4倍♪
カナダ料理
ワイルドライスのコンソメピラフ風の写真

ワイルドライスのコンソメピラフ風のレシピの説明

初めて食べるワイルドライスでした。

ネットで調べてみると『イネ科マコモ属の植物、正確にはマコモダケの種』だそうで、ビタミンEが玄米の4倍。栄養豊富ということで挑戦。
ワイルドライスの3倍の水と、40分ほど炊いて、水分が残ったら流すとのこと。バスマティライスを炊く感覚。

商品レビューなどでは、そのまま食べるには少し癖がある味とのことで、コンソメと野菜と一緒に炊いてみました。

水気を切り、軽く岩塩と黒胡椒をして混ぜ合わせて味見!
玄米の食感に似てる!そして、噛みしめるほど若干の苦味。
これを美味しく食べるには??と副菜に作っていたカボチャのクミンローストと合わせて食べたら美味しいこと!

ということで、私のオススメは蒸して潰したカボチャと玉ねぎ、ワイルドライスを混ぜ合わせてお好きなスパイスで味を整える!です。カボチャもビタミン豊富ということで女性には嬉しいメニューです。
材料(3人分)
所要時間: (準備: 調理:)
120cc

ポイント:ワイルドライス。アメリカの計量カップで1/2カップ=120ccメモリ
1/4個

ひとつかみ

360cc

ポイント:ワイルドライスの3倍
少々

ポイント:岩塩を使用
少々



1
ワイルドライスのコンソメピラフ風の手順画像0枚目
野菜は刻み、ワイルドライスは水で洗い、水を捨てます。
2
ワイルドライスのコンソメピラフ風の手順画像1枚目
ストウブ 鍋にワイルドライス、野菜、コンソメスティックを入れたら、水を加えて混ぜ合わせ、火をつけます。
沸騰したら弱火にして蓋をして40分炊き、残った汁気は流し出します。
3
ワイルドライスのコンソメピラフ風の手順画像2枚目
塩と黒胡椒を少々、混ぜ合わせて味をみます。
4
ワイルドライスのコンソメピラフ風の手順画像3枚目
ピラフ感覚で食べられます。完成です!

味や食感を例えるならば、バスマティライスの玄米バージョン、若干の苦味あり。
アクセス数 今日: 昨日: トータル:218
ワイルドライスのコンソメピラフ風のレシピのコツ
40分しっかり炊き、もちもち炊き上がったワイルドライスをアレンジするのが良いようです。

苦味が若干ありますが、甘味のある野菜などと合わせて、お好きなスパイスで味付けすればサラダでも食べやすく変身します!