アルーベイガン

さん提供
じゃがいもと茄子のスパイシーな炒め物です
インド料理
アルーベイガンの写真

アルーベイガンのレシピの説明

インドの定番料理のひとつ、じゃがいも(Aloo) と茄子(Baingan)のスパイス炒めです。トマトが入るものとそうでないものがありますが、今回はトマトなしのシンプルバージョンをご紹介します。じゃがいもと茄子、同量で作ります。
マスタードオイルの香りとチリパウダーの辛さが効いています。インド料理の一皿として楽しむほかに、ごはんのおかず、単体でビールのおつまみとしてもいいかんじです。
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)


1
アルーベイガンの手順画像0枚目
茄子は食べやすい大きさに切り、水につけておく。
2
アルーベイガンの手順画像1枚目
じゃがいもは皮をむいてくし型に切る。
3
アルーベイガンの手順画像2枚目
マスタードオイルとサラダ油を入れた鍋を中火にかけ、茄子の表面がやや色づくまで炒め、じゃがいもを入れて炒める。
4
アルーベイガンの手順画像3枚目
チリパウダーとターメリックパウダー、塩を加えてよく炒める。
蓋をして火を弱め、ときどきかき混ぜながら10分ほど、じゃがいもが柔らかくなるまで炒め煮する。
5
アルーベイガンの手順画像4枚目
チャットマサラとガラムマサラを加え、よく炒め合わせてできあがり。
6
アルーベイガンの手順画像5枚目
インドカレーに添えて、またプルカやパラタなどのパンを添えてどうぞ。
アクセス数 今日: 昨日:3 トータル:416
アルーベイガンのレシピのコツ
今回のレシピでは、小ぶりの新じゃがと茄子を使い、分量はどちらも130gずつでした。

加えるスパイスは、作り手次第です。上記以外にクミン、ヒング、にんにく、しょうが、コリアンダーパウダーなど使うレシピもありました。
今回参考にしたレシピでは「チャットマサラ」ではなく「マンゴーパウダー」を使っていました。果物の酸味が含まれるスパイスが合うようでしたので、マンゴーパウダーがたくさん入っている「チャットマサラ」で代用しました。

マスタードオイルの風味がかなり主張します。マスタードオイルの風味がお好きな方は、サラダ油でなく全量をマスタードオイルにしてもよいです。

アルーベイガンに必要な食材

今回はこれを使いました

チリパウダー


ターメリックパウダー


チャットマサラ


ガラムマサラ


マスタードオイル


サラダ油