. フンバのレシピ -TIRAKITA レシピ

フンバ

さん提供
豚の角煮フィリピンバージョン。白いごはんによく合います。
フィリピン料理
フンバの写真

フンバのレシピの説明

フィリピンは豚肉をよく食べる国のようです。豚の丸焼きはお祝いの席に欠かせないそうですし、肉だけでなくすべての部位をしっかり調理して無駄なく食するそうです。フィリピン人に、家庭で作れるフィリピン料理のおすすめを聞いたら、「アドボ」と「フンバ」が挙がりました。数人に聞いて回りましたが、この2つは必ず挙がった料理です。
アドボは以前ご紹介したので、今日はフンバをご紹介します。フィリピンでも白いご飯をたくさん食べるそうで、フンバはご飯によく合う味のおかずです。
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
400g

ポイント:バラ肉、肩肉など
大さじ2

大さじ2

大さじ2

200ml



1
フンバの手順画像0枚目
豚肉を大きめの一口大に切り、フライパンで焼き色をつける。
2
フンバの手順画像1枚目
たまねぎとにんにくをみじん切りにする。
3
フンバの手順画像2枚目
1のフライパンに2を加えて香りが出るまで炒める。
4
フンバの手順画像3枚目
3を圧力なべに移し、調味料すべてと水、パイナップルジュースを加え、蓋をして強火にし、圧がかかったら火を弱めて10分加熱する。
5
フンバの手順画像4枚目
火を止めてピンが自然に下がるまで置き、蓋を外して、煮汁を1/3ぐらいまで煮詰める。
6
フンバの手順画像5枚目
器に盛ってできあがり。
アクセス数 今日: 昨日:1 トータル:822
フンバのレシピのコツ
味付けを甘酸っぱくすることがポイント、また塩漬けの発酵黒豆が入り、パイナップルの酵素の力でお肉が柔らかくなることも特徴です。

塩漬けの発酵黒豆については、Tausiというそうで、「Salty fermented black beans」と説明を受けました。調べてみたところ、中華料理に使う「豆鼓」の特徴が同じ、発音もよく似ているので、同じものかな?と判断して、今回は豆鼓を使ってみました。

たまたまパイナップルジュースが冷蔵庫にあったので使いましたが、後日聞いた別のご家庭の作り方では、荒く刻んだパイナップルを入れるそうです。それもおいしそうです。