. 夕顔入りパラタのレシピ -TIRAKITA レシピ

夕顔入りパラタ

さん提供
夕顔を使ったフラットブレッドです。しっとり柔らかく仕上げます。
インド料理
夕顔入りパラタの写真

夕顔入りパラタのレシピの説明

「夕顔でエスニック料理」の第3弾です。夕顔は Lauki というのだと分かって検索してみると、いろんなレシピが出てきました。それを参考に、インドのフラットブレッド「パラタ」も作ってみました。
カレーに添えるほか、チャツネ、カードやライタと一緒に食べられていることも多いようです。
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)


1
夕顔入りパラタの手順画像0枚目
夕顔は皮と種、綿を取ってフードプロセッサーに入れ、唐辛子も入れて細かくする。ガラムマサラと塩を加えて混ぜる。
2
夕顔入りパラタの手順画像1枚目
強力粉を加えて箸でぐるぐるかき混ぜる。ある程度まとまったら手でまとめる。
夕顔の水分によって加える強力粉の量を調整してください。
3
夕顔入りパラタの手順画像2枚目
10分ほど休ませたのち、生地を20gぐらいずつに等分し、打ち粉をひいた台の上で薄く伸ばす。
4
夕顔入りパラタの手順画像3枚目
フライパンに小さじ1ほどのオイルをひいて中弱火にかけ、両面を焼く。
柔らかく保つために、焼き上がったものはふきんなどかぶせておくとよいです。
5
夕顔入りパラタの手順画像4枚目
カレー、カード(水切りヨーグルト)、チャツネなどと一緒に、あつあつをどうぞ。
アクセス数 今日:1 昨日:2 トータル:245
夕顔入りパラタのレシピのコツ
水は加えず夕顔の水分だけでまとめるレシピでご紹介しましたが、強力粉の分量は、夕顔の水分次第です。まずは夕顔の1.5倍の重量から始めるとよいと思います。今回は結局200g使い、打ち粉もかなりたっぷり使いました。

どのぐらいの大きさ、厚さで作るかにもよりますが、1枚20gぐらい→直径15~18cmぐらいに伸ばすと扱いやすく焼きやすいように思います。今回は10枚できました。

焼くときに使うオイルは、ココナッツオイルかギーかでパラタの香りが変わります。半々ずつ2種類作ってもよいと思います。

ターメリックを多めに入れて黄色く仕上げる作り方もあります。