白菜のマッルンのレシピ

白菜のマッルン

さん提供
さっと作れるスリランカの小さなおかず。肉や魚、野菜のカリーともちろん相性抜群です。
スリランカ料理
白菜のマッルンの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
大さじ1/2

約100g

ポイント:千切り
1/4個

ポイント:薄切り
小さじ1/4

小さじ1/4

ひとつまみ

ポイント: 乾燥の場合は軽く手でもんでおく
大さじ1

ひとつまみ



1
白菜のマッルンの手順画像0枚目
ココナッツファインにお湯を入れて軽く混ぜ、ふやかしておく。
2
白菜のマッルンの手順画像1枚目
材料を切る。白菜は荒くせん切り、玉ねぎは薄切りにする。
3
白菜のマッルンの手順画像2枚目
フライパンを中火にかけてサラダ油を熱し、マスタードシードとカレーリーフを入れ、ぱちぱちしてきたら2を加えてしんなりするまで炒める。
4
白菜のマッルンの手順画像3枚目
ターメリックと塩を加えて全体をよく炒めたのち、1を加えてさらによく混ぜる。

アクセス数 今日:4 昨日:4 トータル:836

白菜のマッルンのレシピの説明

スリランカでは白菜って、食べられているのかな?旅行前はそう思っていました。
現地のスーパーマーケットに行ってみたところ、野菜のコーナーでは、白菜がしっかりと幅をきかせていました。
白菜は、英語の発音では「チャイニーズ・キャベチ」です。世界中どこへ行っても、必ず中国人がしっかりとその地に根を下ろして生活していることには感心してしまいますが、スリランカも例外ではないようです。

アーユルヴェーダリゾートに滞在中、豆のカリー「パリップ」と並んで「キャベツのマッルン」が数回登場しました。帰国してから「キャベツでおいしかったなら、白菜で作っても絶対においしいはず」と作ってみたところ、おいしかったのでご紹介します。
白菜のマッルンのレシピのコツ
白菜は、葉の部分と芯の部分両方を使います。葉の部分は多少粗めの千切りでも大丈夫で、芯の部分は、葉の部分の厚さと揃えるように若干細かめ刻むと、仕上がりにムラが出ません。
白菜の代わりにキャベツを使ってもOKです。

スパイスをたくさんの種類揃えて作るスリランカ料理が多い中、この料理はマスタードシードとターメリックとココナッツ・ファインさえ揃えば作れる、簡単料理と言えると思います。カレーリーフはあれば入れていただきたいですが、なくても十分おいしくできます。
これ一品だけでも、ごはんと合わせてごはんをもりもり食べられます。特に際立つ強いスパイスの風味も辛みもないため、スリランカ料理入門編の一品としてもよいのではないでしょうか。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

白菜のマッルンに必要な食材

今回はこれを使いました

ココナッツファイン


玉ねぎ


マスタードシード


ターメリック


サラダ油