フィリピンの肉のアドボのレシピ

フィリピンの肉のアドボ

さん提供
豚肉と鶏肉を一緒に煮るという新発想。甘辛い味付けの煮物です。
フィリピン料理
フィリピンの肉のアドボの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
1枚 約250g

中1/2個

材料A

大さじ1と1/2

大さじ1と1/2

大さじ1

50g

ポイント:白砂糖やざらめ糖でもOK
200ml

仕上げ用

小さじ1

ひとつかみ



1
フィリピンの肉のアドボの手順画像0枚目
鶏肉と豚肉を好みの大きさに切る
2
フィリピンの肉のアドボの手順画像1枚目
たまねぎは粗いみじん切りにする。にんにくはすりおろす。
3
フィリピンの肉のアドボの手順画像2枚目
材料Aと2を圧力鍋に入れて火にかけ、黒砂糖を溶かす。
4
フィリピンの肉のアドボの手順画像3枚目
3に1とローレルを入れる。
5
フィリピンの肉のアドボの手順画像4枚目
蓋をして強火にかけ、沸騰して加圧状態になったら弱火にして15分煮て火を止めそのままピンが下りるまで待つ。
6
フィリピンの肉のアドボの手順画像5枚目
蓋をあけて中火にし、20分ほど煮詰める。煮汁にとろみがついたら仕上げ用のナンプラーを追加し、全体を混ぜて火を止める。お皿に盛り付けてパクチーをのせる。

アクセス数 今日:1 昨日:1 トータル:1398

フィリピンの肉のアドボのレシピの説明

「アドボ」は、酢がベースのつけ汁に素材をマリネしてから加熱調理する料理で、フィリピンの他にスペインにも同じ名前の料理があります。
この料理の仕上がりは、日本の豚の角煮の別バージョンといった雰囲気ですが、鶏肉と豚肉という違う種類の肉を一つの鍋で煮るという発想が日本では思いつかないと感じました。食感と風味の異なる2種類の肉を一度に味わえます。甘しょっぱい味付けも日本人好みと思います。

このあと近いうちにスペインのアドボもご紹介する予定です。この料理とは全く異なる仕上がりです。
なお「アドボ」の発祥としてはスペインの方が先だそうです。外国に伝わってから現地の人々の好みや手に入る材料に合わせてレシピが変化し、地元料理として定着した興味深い例のひとつだと思います。
フィリピンの肉のアドボのレシピのコツ
煮る前に加えるナンプラーの香りは煮ている間に飛んでしまうため、仕上げにも香りづけとして加えてみました。
煮汁は、煮詰めすぎないようにご注意ください。煮詰めすぎると甘さばかりが強調されてしまいます。甘くなりすぎたと感じるときは、水を足して調整するとよいです。
パクチーは見た目をよくする意味だけではなく、あった方が全体の味がひきしまりますので、ぜひ用意してみてください。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う