海老とあさりのフィデウアのレシピ

海老とあさりのフィデウア

さん提供
スペインの名物料理パエリアをパスタで作ったバージョンです。
スペイン料理
海老とあさりのフィデウアの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
1/4個

1/2かけ

1/4個

4〜5本

小さじ1/4

ひとつまみ

小さじ1弱

アイオリソース

大さじ1

小さじ1

飾り用

適量



1
海老とあさりのフィデウアの手順画像0枚目
海老は殻つきのまま、沸騰した湯に入れてさっとゆでる。ゆで汁は使うので取っておく。
2
海老とあさりのフィデウアの手順画像1枚目
砂出ししたあさりを鍋に入れ、白ワインを加えて強火にかけて蓋をし、貝の口が開いたら火を止め、ざるに上げておく。ゆで汁は1と合わせて250cc計量しておく。
3
海老とあさりのフィデウアの手順画像2枚目
玉ねぎは薄切り、トマトとにんにくは粗く刻む。いんげんも食べやすく切る。
4
海老とあさりのフィデウアの手順画像3枚目
フライパンにオリーブ油を入れて中火にかけ、玉ねぎとにんにくを炒める。香りが立ったらトマトを加え、ターメリックとサフラン、塩、2のゆで汁を加えて火を強める。
5
海老とあさりのフィデウアの手順画像4枚目
沸騰したらパスタを加えて全体をなじませ、再度沸騰したら火を弱めて約7分煮る。途中でかきまぜる必要はない。
6
海老とあさりのフィデウアの手順画像5枚目
アイオリソースの材料を混ぜ合わせて器に盛っておく。
7
海老とあさりのフィデウアの手順画像6枚目
下準備をしておいたえびとあさり、いんげんを5の上に置き、蓋をして約3分さらに火を通して完成。
8
海老とあさりのフィデウアの手順画像7枚目
レモンとアイオリソースを添える。
食べるときは全体にレモンを絞り、取り分けた皿の上でお好みの量のアイオリソースと混ぜながら食べる

アクセス数 今日: 昨日: トータル:446

海老とあさりのフィデウアのレシピの説明

先月旅行したスペインで、スーパーでフィデウア用のパスタを見かけて買ってきました。細い(多分1.3mm径ぐらい?の)スパゲティを2cm幅に切り揃えたようなものです。ひとつひとつはまっすくではなくカーブがあります。一般的なスパゲティを折っても代用できると思います。
日本ではたいへん高価な香辛料であるサフランは、スペインの市場では5ユーロぐらいで買えました。安いからこそ日常の料理にも使われるのでしょう。ほんのわずか加えるだけで「現地で食べた味」になりますのでぜひ入れたいところです。

また、炊き上がりはアルデンテに仕上げなければなければならないものだと思っていましたが、現地で食べたものはしっかり芯まで柔らかくなっており、魚介のスープがしっかり染み込んでおいしいものでした。今回はその仕上がりになる作り方でご紹介しています。
海老とあさりのフィデウアのレシピのコツ
あさりの砂出しは、50℃のお湯に20分浸ける方法で行いました。詳しいやり方はググってみてください。

5の工程で火加減が強すぎると、パスタが柔らかくなる前に水分がなくなってしまいます。もしそうなってしまったら魚介のゆで汁を足してみてください。
なお現地の作り方では、魚介類の下ゆではせずに、パスタを入れた上にに生の魚介類も配置してパスタを炊きながら火を通します。今回は見た目の仕上がりよりキレイになるように先に下ゆでをして、後から置く方式にしました。

ちなみに、今回使ったフライパンは直径20cmです。小さめのフライパンで作ると少なめの具材でもすき間なく並べられるので仕上がりが豪華に見えます。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

海老とあさりのフィデウアに必要な食材

今回はこれを使いました

玉ねぎ


にんにく


トマト


オリーブオイル


ターメリック




レモン