コム・チン・チュンのレシピ

コム・チン・チュン

さん提供
カラフルな具で栄養満点のベトナム・チャーハン
ベトナム料理
コム・チン・チュンの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
大さじ1

2個

2かけ

ポイント:みじん切り
大さじ1

大さじ1/2

小さじ1/4

大さじ1



1
コム・チン・チュンの手順画像0枚目
具材を用意する。じゃがいも、にんじん、1cm角、いんげんも小口切りにする。にんにくはみじん切りにする。
2
コム・チン・チュンの手順画像1枚目
ベトナムソーセージとサラミも野菜と同じぐらいの大きさに切る。
3
コム・チン・チュンの手順画像2枚目
フライパンにサラダ油を熱し、にんにくの香りが出るまで炒め、にんじん、じゃがいもを加えて炒める。人参が柔らかくなったらソーセージとサラミを加えて炒め、ナンプラーで下味をつける。
4
コム・チン・チュンの手順画像3枚目
3の具材を別の容器に移し、サラダ油を足して強火にし、ごはんを炒める。全体がざっとほぐれたところで卵を割りいれ、卵がごはん全体にからまってぱらっとするまであおりながら炒める。
5
コム・チン・チュンの手順画像4枚目
寄せた具材を戻して全体を炒め合わせ、しょうゆ、ナンプラー、砂糖、こしょうで味を整える。

アクセス数 今日: 昨日:1 トータル:335

コム・チン・チュンのレシピの説明

アジアのチャーハンに興味が沸いて、各国のフライドライスについて調べてみたところ、国によって具材や作り方がまるで違うことが分かりました。

日本のチャーハンも各家庭やレストランによって全く異なる作り方がされていると思いますが、いろんな国の作り方や具材が断片的に混じり合って「チャーハン」として浸透しているように思います。

ベトナムのチャーハンは、ぱらっと仕上がるタイ米が使われていて、ごはん粒ひとつひとつに卵がしっかりからまって黄色をしているのが特徴です。

具材は、にんじんといんげんが入ることが多く、ベトナムソーセージやサラミも入り、具たくさんで栄養満点です。
コム・チン・チュンのレシピのコツ
ごはんは、タイ米を湯取り法で炊き、一晩おいたものを使いました。
「ベトナムソーセージ」は、見た目が似ている「スパム」などでも代用できると思います。ただしベトナムソーセージにはナンプラーが入っているので風味は全く異なります。今回は手作りしました。この作り方も後日ご紹介したいと思っています。

ソーセージとサラミがすでに塩辛いため、調味の際の塩味は加減してください。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

コム・チン・チュンに必要な食材

今回はこれを使いました

ナンプラー




にんにく


砂糖


こしょう


サラダ油