ビコール・エクスプレスのレシピ

ビコール・エクスプレス

さん提供
フィリピンの豚肉とココナッツミルクの煮込み
フィリピン料理
ビコール・エクスプレスの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)


1
ビコール・エクスプレスの手順画像0枚目
玉ねぎとにんにくはみじん切り、しょうがはすりおろす。青唐辛子は斜め切りにする。
2
ビコール・エクスプレスの手順画像1枚目
鍋にサラダ油を入れて中火にかけ、玉ねぎとにんにく、しょうがを炒める。透き通ったら豚肉を加えて強火にする。
3
ビコール・エクスプレスの手順画像2枚目
肉の表面の色が変わるまで炒めたのち、蓋をして火を弱め5分ほど煮る。
4
ビコール・エクスプレスの手順画像3枚目
エビペーストとナンプラーを加えて混ぜ、再び蓋をしてさらに5分ほど煮る。
5
ビコール・エクスプレスの手順画像4枚目
唐辛子とココナツミルクを加え、沸騰したら蓋をし、弱火にして煮る。
6
ビコール・エクスプレスの手順画像5枚目
30分ほど煮込んで、水分が減り全体がなじんだら完成。
7
ビコール・エクスプレスの手順画像6枚目
お好みでスライスした青唐辛子やパクチーなど添える。
白いご飯によく合うおかずです。

アクセス数 今日: 昨日:2 トータル:514

ビコール・エクスプレスのレシピの説明

フィリピンで親しまれている豚肉の煮込み料理です。フィリピンのビコール地区の郷土料理「グライ・ナ・ダイ・マナ Gulay na may lada (野菜と唐辛子の意味)」が元だと言われています。1960年代、この料理に豚肉を加えたタロイモの葉の煮込み料理「ラーイン Laing」を提供していたマニラのレストランのシェフが、マニラの人々には辛すぎるとの意見を受けて辛さを抑えて提供したものだそうです。料理名は、この料理発祥のレストランの近くを走る特急の名前から取ったものだそうです。
ココナッツミルクの香りと味、それに加わる唐辛子の辛さがいかにも「東南アジア」らしい、おいしい煮込みです。

フィリピンのえびペーストは、「バゴーン」といい、小エビの塩辛のようなもので瓶詰めのものが売られています。フィリピンでは料理に使うだけでなくそのままごはんのお供にしたり、フルーツにつけて食べたりもするそうです。
ビコール・エクスプレスのレシピのコツ
豚肉は、ばら肉のほかカレー用の豚肉などでもOKです。
「エクスプレス」との名前なので、素早くできる料理なのかと初め思ったのですが、豚肉が柔らかくなるまで煮るにはやはりある程度の時間がかかります。圧力鍋を使うと早く仕上がります。
圧力鍋で調理する場合は、最後の工程でふたをしたあと圧力がかかってから8分程度弱火で加熱し、火を止めてピンが下がるのを待ち、その後蓋をあけてソースに若干とろみがつくまで煮詰めるとよいです。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

ビコール・エクスプレスに必要な食材

今回はこれを使いました

しょうが


にんにく


青唐辛子


ナンプラー


ココナッツミルク


サラダ油


ブラックペッパーパウダー