グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めのレシピ

グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒め

さん提供
タイバージョンのエビチリです
タイ料理
グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
(殻つき)200g

小さじ1

小さじ1

大さじ1

ソース

小1/4個

合わせ調味料

小さじ1

仕上げ用



1
グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めの手順画像0枚目
エビは洗って背ワタを取ったのち、殻をむいて片栗粉と酒をからめておく。
2
グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めの手順画像1枚目
ピーナッツは乾煎りして包丁で荒く刻む。
合わせ調味料の鶏がらスープを作り、別の器にタマリンドペースト、ナンプラー、パームシュガーを混ぜ合わせておく。
3
グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めの手順画像2枚目
ソースの材料をすり鉢に入れてすりこぎで粒をついて砕き、全体がなじむようにする。
4
グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めの手順画像3枚目
サラダ油を引いたフライパンを強火で熱し、えびを両面に軽く焦げ目がつく程度に焼き上げたのち、器に寄せておく。
5
グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めの手順画像4枚目
えびを取り出し、火を弱めて3を炒める。
6
グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めの手順画像5枚目
香りが出てにんにくが色づいてきたら鶏がらスープと合わせ調味料を加えて火を強め、軽いとろみがついたら4を加えてからめる。
7
グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めの手順画像6枚目
皿に盛り付け、食べる直前にフライドオニオンをたっぷりのせ、赤唐辛子、ピーナッツ、パクチーを飾って完成。

アクセス数 今日:1 昨日:4 トータル:547

グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めのレシピの説明

グンGoongはタイ語でエビのこと、パッドPadは炒め物、マカムMakamはタマリンドのことです。
雰囲気は、エビチリのタイバージョンといったところで、青唐辛子のさわやかな辛さとタマリンドのほんのりした酸味、にんにくとパクチーの香りのソースをエビにからめます。ごはんのおかずにもお酒のおつまみにも最高で、レタスに巻いて食べてもおいしいです。
また、しっかりした味付けなので冷めてもおいしく、お弁当のおかずにも向くと思います。
グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めのレシピのコツ
タイの作り方として、ソースになる香味野菜のにんにく、たまねぎ、青唐辛子、パクチーの根を、刻むだけでなく、ついてつぶすのが大きなポイントです。パクチーの根は冷凍保存しておいたたものを使いました。茎を使ってもOKです。

パームシュガーが持つ独特の香りも重要なので、ぜひ入手して使ってみてください。もし手に入らなければ、白砂糖よりは黒砂糖で代用するとよいと思います。

仕上げにふりかけるフライドオニオンは、薄切りにした玉ねぎを油でゆっくり揚げたものです。作り方は「バンクオン」や「カイルックイ」の中で紹介しています。また赤唐辛子の素揚げは、フライドオニオンを作るついでに作っておくとよいです。縦半分に切り、種を外して使います。揚げるとさほど辛くなくなり、飾り付けの鮮やかな赤のアクセントにもなって便利です。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

グン・パッド・マカム エビのタマリンド炒めに必要な食材


片栗粉


サラダ油


にんにく


青唐辛子


玉ねぎ


タマリンドペースト


ナンプラー


パームシュガー


フライドオニオン