ポテト・ポディマスのレシピ

ポテト・ポディマス

さん提供
インド版ポテトサラダ。インドカレーのお供にどうぞ。
インド料理
ポテト・ポディマスの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)


1
ポテト・ポディマスの手順画像0枚目
じゃがいもを茹でて粗くつぶしておく。
2
ポテト・ポディマスの手順画像1枚目
ココナッツファインに水を加えてなじませておく。
3
ポテト・ポディマスの手順画像2枚目
玉ねぎと青唐辛子はみじん切り、にんにくとしょうがはすりおろす。
4
ポテト・ポディマスの手順画像3枚目
フライパンにココナッツオイルを入れて中火で熱し、マスタードシードを入れる。ぱちぱち弾けてきたらウラドダルとチャナダルを加えて炒める。
5
ポテト・ポディマスの手順画像4枚目
しょうがと青唐辛子、たまねぎとにんにく、カレーリーフを加えて炒める。
6
ポテト・ポディマスの手順画像5枚目
1を加えてよく炒めたのち、2と塩を加えてさらに炒める。
7
ポテト・ポディマスの手順画像6枚目
火を止めてレモン汁を回しかけ、刻んだパクチー加えて全体をよく混ぜる。

アクセス数 今日:2 昨日:3 トータル:431

ポテト・ポディマスのレシピの説明

「Podimaas ポディマス」という名前で呼ばれる、南インドの家庭的なジャガイモ料理です。
いろいろ調べてみましたが、この料理はじゃがいもで作ることが多いようです。つぶつぶを残してマッシュしたものをマスタードシードとウラドダルやチヤナダルを油で炒めたもの、ココナッツと一緒に炒め合わせます。
野菜とココナッツの炒め物「Poriyal ポリヤル」とも似ていますが、違いが結局よく分からないのはインド料理ならでは。

なお、伝統的なレシピでは強烈な臭いがする「ヒング」(アサフェティダ)を使うことが多いのですが、たまたま読んだ「インドカレー伝」という本に、ヒングは宗教上の理由で避けている人々の「玉ねぎとにんにくの代わり」との情報がありましたので、今回はあえて玉ねぎとにんにくを使ってみました。

ウラドダルとチャナダルのコリコリした食感と、ココナツの甘さとレモンの香りが爽やかで、じゃがいもとよく合います。サンバルやラッサムなど南インド料理に添えてどうぞ。くせのある素材は使っていないので、一般的な肉料理の付け合わせにもいいと思います。
インドでは、おまつりのときに大量に作るごちそうのうちの一品でもあるということです。
ポテト・ポディマスのレシピのコツ
じゃがいもは、洗って皮付きのまま圧力鍋で蒸すと、数分で蒸し上がります。
軽くつぶしてから炒め合わせますが、炒めている間にも崩れてきます。完成時には写真のようにつぶつぶが残ってほっくりした食感になるとおいしいように思います。

食べる直前にもレモン汁を一ふりすると、より爽やかです。
時間が経つと味がなじみ、また一味違ったおいしさで、インド版ポテトサラダ、とでも言えそうです。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

ポテト・ポディマスに必要な食材

今回はこれを使いました

ココナッツファイン


マスタードシード


ココナッツオイル


ウラドダル


青唐辛子


しょうが


にんにく




パクチー