じゃがいもと卵のトーレン

さん提供
インドカレーのお供に。ケララ州のじゃがいも料理です。
インド料理
じゃがいもと卵のトーレンの写真

じゃがいもと卵のトーレンのレシピの説明

トーレン(Thoran)は、南インドに位置するケララ州の料理です。別の地方の似た料理には、ポリヤル、ポディマスなどありますが作り方や材料が少しずつ違います。

「炒めもの」と表されていることもあるポリヤルに対し、トーレンは、炒めるよりも「蒸し」て火を通すことが多いようです。(ポリヤルでも炒め蒸しにすることはあります。)
トーレンとポリヤルの違いとしては、ポリヤルには必ず入る工程、ウラドダルやチャナダルを最初に炒めることは、トーレンにはないようです。が、米を炒めることはあるようです。ケララ州は米が豊富に採れる地域であることも関係しているのでしょう。

違いを知りたい日本人。違いを追求しているサイトはたくさんありますが「結局よく分からない」に行きつく・・・インド料理は奥が深く不思議で、飽きがこないですね。

トーレンはベジ料理であることが多いのですが今回ご紹介するレシピは卵入りの家庭的なバージョンです。ベジにこだわりたい人は省いてください。
材料(3人分)
所要時間: (準備: 調理:)
2個

1/2個

大さじ2

小さじ1

小さじ1

ポイント:ポテトと合うマサラならなんでもOK


1
じゃがいもと卵のトーレンの手順画像0枚目
じゃがいもは皮をむき、細かめの薄切りにして水につけておく。
2
じゃがいもと卵のトーレンの手順画像1枚目
ココナッツファインに水を加えてなじませておく。
3
じゃがいもと卵のトーレンの手順画像2枚目
しょうがと青唐辛子はみじん切り、玉ねぎ、赤ピーマン、トマトは薄切りにする。
4
じゃがいもと卵のトーレンの手順画像3枚目
フライパンを中火で熱しココナッツオイルを入れ、オイルが溶けたらマスタードシードを入れる。ぱちぱちしてきたらしょうがと青唐辛子を加えて、細かい泡が落ち着いてくるまで炒める。
5
じゃがいもと卵のトーレンの手順画像4枚目
ターメリックとチリパウダー、パプリカパウダーを加えたのち、トマトと赤ピーマンを加えて炒める。
塩を加えて混ぜ、じゃがいもを加えて5分ほど炒める。
6
じゃがいもと卵のトーレンの手順画像5枚目
玉ねぎに2をまぶし、手でもみこむようにしながら混ぜる。
7
じゃがいもと卵のトーレンの手順画像6枚目
フライパンの中央を開け、ココナッツオイルを小さじ1ほど足し(分量外)、卵を割り入れてかきまぜながら火を通す。
8
じゃがいもと卵のトーレンの手順画像7枚目
卵に火が通ったらマサラを加えてよく混ぜ、6を加えて混ぜる。
9
じゃがいもと卵のトーレンの手順画像8枚目
蓋をして弱火にし、3〜5分ほど蒸し煮する。玉ねぎが若干しんなりしたらOK。
10
じゃがいもと卵のトーレンの手順画像9枚目
器に盛ってパクチーの葉を散らし、砕いたブラックペッパーをふる。
アクセス数 今日:1 昨日: トータル:844
じゃがいもと卵のトーレンのレシピのコツ
ケララ州の料理の特徴のひとつは「ココナッツ」。この料理もココナッツオイルを使い、削ったココナッツが多めに入ります。

今回はアレンジ的に「パニプリマサラ」をミックススパイスとして使っています。マンゴー、ミント、タマリンドなども入っており甘酸っぱく、じゃがいも料理がおいしくなるスパイスです。チャートマサラなど、別のマサラを使ってもOKです。

この料理にはぜひ(白ではなく)紫玉ねぎを使いたいです。写真のような彩りのコントラストを楽しむためには、6の工程の3分の1量を9の最後に加え混ぜるとよいです。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

じゃがいもと卵のトーレンに必要な食材

今回はこれを使いました

トマト


しょうが


ココナッツオイル




ブラックペッパー