パルンゴスープ

さん提供
ほうれん草のアーユルヴェーダスープ
ネパール料理
パルンゴスープの写真

パルンゴスープのレシピの説明

パルンゴは、ネパール語で、ほうれん草という意味です。
ネパールでは、ほうれん草は炒めて食べたり、スープにしたりして調理します。

今回のレシピは、ネパールのアユルヴェーダ専門宿泊施設に泊まった時に食事メニューとして出てきた料理のひとつです。
食事の時のテーブルに、その日のメニューに使われている材料メモカードが置かれていたので、それを参考に作り方は、自分で考えて作ってみました。

アユルヴェーダ料理は、食材や調味料に制限があるのが特徴です。

岩塩とギーとショウガ、ブラックペッパーで味付けされた、カラダに優しいスープです。



材料(3人分)
所要時間: (準備: 調理:)


1
パルンゴスープの手順画像0枚目
ほうれん草をさらっと茹でます。
2
パルンゴスープの手順画像1枚目
じゃがいもは茹でて皮をむきます。
3
パルンゴスープの手順画像2枚目
茹でたほうれん草の水気をきって、スパイスグラインダーですりつぶします。
4
パルンゴスープの手順画像3枚目
茹でたじゃがいもは、同じくスパイスグラインダーでつぶします。
5
パルンゴスープの手順画像4枚目
下準備はここまでです。
6
パルンゴスープの手順画像5枚目
鍋に湯を沸かします。
7
パルンゴスープの手順画像6枚目
6へほうれん草とじゃがいもをいれます。
8
パルンゴスープの手順画像7枚目
7を良く混ぜ合わせます。
9
パルンゴスープの手順画像8枚目
8へ、ギー、岩塩、すりおろしショウガを加えます。
10
パルンゴスープの手順画像9枚目
最後にブラックペッパーを加えて出来上がりです。
アクセス数 今日: 昨日:2 トータル:419
パルンゴスープのレシピのコツ
このスープを何回か作って行くうちにわかったことは、
ギーと岩塩とショウガとブラックペッパーの配分です。
それぞれの量が多すぎると、味がしつこくなって、少なすぎると物足りなさを感じます。

物足りなくて後から量を加えたことでスパイシー過ぎて失敗したことがあります。

はじめて作るときは、少々から始めるのが良いと思います。



^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う