ウエボス・ランチェロスのレシピ

ウエボス・ランチェロス

さん提供
メキシコの定番朝食メニュー、牧場風目玉焼き
メキシコ料理
ウエボス・ランチェロスの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
サルサソース

1/4個

小さじ1/2

ピコ・デ・ガロ(フレッシュサルサ)

大さじ1

ひとつまみ

 

2個



1
ウエボス・ランチェロスの手順画像0枚目
サルサソースを作る。
鍋にオリーブオイルを入れて中火にかけ、みじん切りにした玉ねぎと青唐辛子を炒める。玉ねぎが透き通ったらスパイスをすべて加えて30秒ほど炒める。
2
ウエボス・ランチェロスの手順画像1枚目
トマト缶を入れて混ぜ、沸騰したら火を弱めて10分ほど煮詰める。
3
ウエボス・ランチェロスの手順画像2枚目
フリホーレスを作る。
作り方は先にご紹介したレシピをご確認ください。
(作り方のコツ参照)
4
ウエボス・ランチェロスの手順画像3枚目
コーントルティーヤを作る。
作り方は先にご紹介したレシピをご確認ください。
(作り方のコツ参照)
5
ウエボス・ランチェロスの手順画像4枚目
ピコ・デ・ガロを作る。
トマトは皮と種を取り、細かく刻む。残りの材料とすべて合わせて軽く混ぜる。
6
ウエボス・ランチェロスの手順画像5枚目
フライパンにバター10gを入れて溶かし、トルティーヤの両面を焼いて焼き、お皿に載せ3のフリホーレスを置く。
7
ウエボス・ランチェロスの手順画像6枚目
目玉焼きを作り、6の上に載せる。周りに2を置く。
8
ウエボス・ランチェロスの手順画像7枚目
4のピコ・デ・ガロとサワークリームを添えて、パクチーを散らす。

アクセス数 今日: 昨日: トータル:397

ウエボス・ランチェロスのレシピの説明

サルサソースと目玉焼きを合わせた「ウエボス・ランチェロス Huevos rancheros」は、メキシコで朝食として親しまれている定番料理のひとつです。卵料理は世界各国の朝食で親しまれていますが、ところ変わればこんなにも変わるのですね。メキシコでは、トルティーヤやピリ辛トマトソース(サルサ)と合わせます。

メキシコには、この料理の作り方がさまざまあり、作り手次第で添えるものの組み合わせもいろいろあります。目玉焼きとサルサ・ソースだけは必須です。今回は伝統的なレシピを参考にして、コーン・トルティーヤにフリホーレス、フレッシュサルサのピコ・デ・ガロ(pico de gallo)、サワークリームも添えた豪華バージョンにしてみました。

卵の黄身を崩し、下のトルティーヤを食べやすい大きさに切りながら、添えられているものの組みあわせをあれこれ変えて混ぜ、一口ずつ違う味を楽しみます。次の日曜日のブランチにいかがでしょうか。リッチな朝食プレートです。
ウエボス・ランチェロスのレシピのコツ
コーントルティーヤとフリホーレスの作り方は、先にご紹介したレシピをご確認ください。
コーントルティーヤ https://recipe.tirakita.com/recipe/908/
フリホーレス https://recipe.tirakita.com/recipe/910/

目玉焼き以外は事前に作り置きができます。例えば前日夜までに工程5までを作っておいて、朝の作業は工程6以降だけ。時間をかけずに朝食として準備できます。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

ウエボス・ランチェロスに必要な食材


玉ねぎ


オリーブオイル


クミンパウダー


パプリカパウダー


コリアンダーパウダー






バター