チキン ティッカのレシピ

チキン ティッカ

さん提供
タンドリーチキンの変形バージョン。香ばしく焼き上げます。
インド料理
チキン ティッカの写真
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
250g

マリネ液

小さじ1/8

小さじ1/8

小さじ1/4

小さじ1/2

大さじ1

大さじ4



1
チキン ティッカの手順画像0枚目
マリネ液の材料をビニール袋に入れてよく混ぜる。
2
チキン ティッカの手順画像1枚目
一口大に切った鶏肉を1に入れ、袋の口をしめて外側から手でもむ。全体にマリネ液がからまったら空気が入らないように口をしめてそのまま一晩以上置く。
3
チキン ティッカの手順画像2枚目
魚焼きグリルのトレーに、重ならないように並べる。
4
チキン ティッカの手順画像3枚目
強火で両面、表面にこんがり焼き色がつくまで焼く。

アクセス数 今日: 昨日: トータル:485

チキン ティッカのレシピの説明

「チキンティッカ」は、見た目がタンドリーチキンによく似た鶏肉のグリルです。本場の作り方は、マリネしたお肉を串に刺して、あぶり焼きにします。

古い書籍のレシピと、インド人の方が紹介している外国のレシピを参考にしました。レモン汁とヨーグルトの酸味が特徴のマリネ液で、焼き上がりにもさわやかな酸味が感じられます。
なおこの料理の鶏肉は、外国では胸肉が使われることが多いですが、お好みでもも肉を使っても良いと思います。

このあと、この焼いたお肉を使う「チキンティッカマサラ」の作り方もご紹介する予定です。
チキン ティッカのレシピのコツ
マリネする時間は最低一晩、2〜3日置いてもOKです。

こんがり焼き色を付けるには魚焼きグリルが向くと思い、今回は魚焼きグリルを使いました。広げて並べて一度で焼きますので、作る分量によってはオーブンのほうがよいかもしれません。鶏肉を切る前の大きさを目安にしてください。
なお一口サイズに切って使いますので、長い時間焼く必要はなく、表面に焦げ目がつけば中まで火は通っています。

手間を省くために工程を割愛してしまいましたが、本場のチキンティッカは、串刺しした状態をグリルします。見た目を近づけるため盛り付ける際に、焼いたお肉を串刺しして供してもよいと思います。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う

チキン ティッカに必要な食材

今回はこれを使いました

ターメリック


チリパウダー


クミンパウダー




ガラムマサラ