レバノン風 紫キャベツのピクルスのレシピ

レバノン風 紫キャベツのピクルス

さん提供
少量でも存在感を放つ美しい色のピクルス
レバノン料理
レバノン風 紫キャベツのピクルスの写真
材料(3人分)
所要時間: (準備: 調理:)
小さじ1/4

ピクルス液

大さじ1

小さじ1/2

120ml

120ml



1
レバノン風 紫キャベツのピクルスの手順画像0枚目
キャベツを千切りにしてボウルに入れ、塩を全体に振りかけてなじませる。
2
レバノン風 紫キャベツのピクルスの手順画像1枚目
小鍋に水、砂糖、塩小さじ1を入れ、中火にかける。砂糖と塩が溶けたら火を止めて、ベイリーフ、マスタードシード、ブラックペッパー、酢を加える。
3
レバノン風 紫キャベツのピクルスの手順画像2枚目
1に注いで全体を混ぜる。
4
レバノン風 紫キャベツのピクルスの手順画像3枚目
タッパーに移し、粗熱が取れたら蓋をして冷蔵庫に入れる。
2日後ぐらいから食べられます。
5
レバノン風 紫キャベツのピクルスの手順画像4枚目
煮沸消毒した瓶に入れれば長期保存も可能です。

アクセス数 今日: 昨日: トータル:0

レバノン風 紫キャベツのピクルスのレシピの説明

キレイな色で、料理に添えると一気に華やかになる紫キャベツのピクルス。ファラフェルラップ(次回ご紹介予定です)に使いたくて作りました。
ラップサンドにサンドイッチにハンバーガーに、肉料理や魚料理の添え物に、と大活躍しています。

ピクルスはいろんな作り方がありますが、このレバノン風は香辛料やハーブが控えめです。中東のレバノン料理は、ありとあらゆる香辛料を多用するインドやアジア諸国の料理比べると、香辛料の使用は少な目のようです。

今回使用したベイリーフは「インディアンベイリーフ」というもので、珍しい美しい形をしています。シナモンの葉だそうです。香りは一般的なベイリーフ、ローレルと同じ系ですが、より甘く、深い感じです。
レバノン風 紫キャベツのピクルスのレシピのコツ
紫キャベツは葉が厚くて固いので、千切りは細い方がよいと思います。
細すぎると色が落ちすぎるかと思い、1回目は包丁で千切りにしたら、味が染みるまで時間がかかりました。極細も結局全体が染まるので大丈夫です。スライサーを使うのが手軽です。

瓶に入れての長期保存の期間は、3週間は大丈夫でした。(それ以上も保存可能な気がしますが、食べ切ってしまったので分かりません・・・)

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う