ムルキーヤ(エジプトのモロヘイヤスープ)

さん提供
エジブトの王様の病気を治したといわれる栄養価の高いスープです。
エジプト料理
ムルキーヤ(エジプトのモロヘイヤスープ)の写真

ムルキーヤ(エジプトのモロヘイヤスープ)のレシピの説明

王様の病気を治した、クレオパトラの美の秘訣などとの逸話もある、栄養価の高いモロヘイヤ。
「ムルキーヤ Mulukhiyah」はモロヘイヤそのもののことで、日本の名前はこの野菜が伝わったときに聞こえた発音をカタカナにしたもののようです。
にんにくを効かせるのがエジプト流のポイントです。エジプトではこのスープをごはんにかけて食べます。

エジプトのモロヘイヤの調理方法は、生の葉を刻んで粘りを出すのが一般的で、専用のナイフもあります。でも刻む作業はかなり大変そうで、エジプトでは刻んだ状態の冷凍品を使うほうが一般的だということです。
材料(2人分)
所要時間: (準備: 調理:)
小さじ1/2

お好みで



1
ムルキーヤ(エジプトのモロヘイヤスープ)の手順画像0枚目
モロヘイヤは、葉の部分だけを摘み取り、塩(分量外)を入れたたっぷりの熱湯でさっとゆで、冷水に取って水気をよく切る。
2
ムルキーヤ(エジプトのモロヘイヤスープ)の手順画像1枚目
包丁で細かく刻む。
にんにくもみじん切りにする。
3
ムルキーヤ(エジプトのモロヘイヤスープ)の手順画像2枚目
鍋にオリーブオイルを入れて中火にかけ、にんにくを入れて香りが出るまで炒める。
4
ムルキーヤ(エジプトのモロヘイヤスープ)の手順画像3枚目
鶏がらスープ、2を加え、クミンパウダーと塩を入れる、塩加減はお好みで調整してください。
5
ムルキーヤ(エジプトのモロヘイヤスープ)の手順画像4枚目
器に盛り、お好みでレモンを添える。

スープにレモン汁を少量絞り入れ、エジプシャンライスにかけて食べます。
アクセス数 今日: 昨日:1 トータル:179
ムルキーヤ(エジプトのモロヘイヤスープ)のレシピのコツ
エジプトでは生のまま刻んで使うモロヘイヤ。日本では、葉にわずか含まれるシュウ酸やえぐみを取り除くためもあり、「まず、茹でる」調理方法が先に広まったようです。こちらのほうがはるかに手軽なので、その作り方でご紹介しました。

このスープのエジプト流の食べ方を調べたところ、ごはん(エジプシャンライス)にかけて食べるのが一般的のようでした。そのライスの作り方は、次回ご紹介します。
なんとなく「とろろごはん」を彷彿とさせる食感で、おいしかったです。この食べ方なら、王様が病気のときに食べた話にも納得です。

にんにくを効かせてほんのりクミン風味も加えました。基本はモロヘイヤ、鶏がらスープ、塩だけでもおいしいです。

^レシピ:レシピ名^のレシピの感想を貰う